酒類許可関連

アポスティーユの窓口

一般酒類小売業免許申請

一般酒類小売業免許とは、税務署長の許可を受け
業者からお酒を仕入れて一般の人に販売することが
できる免許で、業者にうることはできません。

一般酒類小売業の要件

・人的要件
・場所的要件
・経営基礎要件
・受給調整要件

など厳格な要件を申請書に細目をまとめなければ
ならず大変困難です許認可の専門家である
行政書士に任せると安心できます。
ご相談ください

通信販売酒類小売業免許申請

通信販売酒類小売業の免許を申請する
には一般酒類小売業販売に
以下の要件が付加されます。

・2都道府県以上の広範囲を対象
・未成年者が買わないような年齢確認の表示

また、取扱いのできる酒類として
・生産量が3000キロリットル未満である酒類
 (大手ビールメーカー等のビールは取り扱えません)
・輸入種類(制限なし)

一般酒類小売業免許同様
厳格な要件があり細目を申請書にまとめなければならず
専門家のである行政書士が携われば安心できます。
Powered by Flips
編 集